色の意味・作用

  一日の大半の時間を過ごすのは、自分の住まいであり自分の部屋です。
住まいのインテリアやファブリックは、たくさんの色で構成されています。その"色"には、なんとも不思議なパワーがあります。ストレスの軽減に役立つ色もあれば、明日への活力を養ってくれる色もあります。色を何気なく選んでいるようでも、その時の気分や精神状態をうつしだしています。
色の意味・作用
 
  赤
  興奮神経に働きかけ、食欲をたかめたり、新陳代謝をよくしたりします。この色が好きな人は「健康志向」、エネルギッシュな生活をするので、ウォーターベッドやよいマットレスに凝るといいでしょう。
  青
  自律神経を緩和して興奮を鎮めたり、精神的なストレスを軽減します。淡いブルーをバスルームや仮眠室、寝室に。清潔で、さわやかな印象をもたらす色です。
   黄
  脳の中の「快感物質」の分泌を高め、神経を集中させる色です。また、対人関係を活発化するとも言われています。暗い場所や、狭い場所を明るくする働きがあります。
人を集め、親しみやすくする色なので、リビングやダイニングにぴったりです。
   緑
  毛細血管を拡張して体温を下げたり、高血圧を緩和する等心と体のバランス回復やサイクル回帰に役立つ色です。リラックス効果をもたらす為、リビングや台所、浴室に取り入れると精神的な癒しが得られます。ちなみに天然木材や和室も緑と同じ効果があるとされています。
   橙
  血液循環を活発化し、内臓の働きを活発にします。また、この色が好きな人はチャレンジ精神に富んだ人です。身体や心の働きを活発にするので、リビングやダイニングなど「人が動く場所、集まる場所」にぴったりです。
   桃
  交感神経を刺激し、痛みを和らげたり疲労感を緩和したり、また老化防止に役立ちます。髪・肌を美しく保つ美容効果もあります。ドレッサーまわり・パウダールームへの取り入れがオススメです。
   紫
  精神を癒したり、五感を磨くことに役立つ色です。ライラック、ラベンダーなどの淡い色合いのものを寝室に用いましょう。深い眠りが得られ、また内省的な気分も得られる色です。
   白
  ニュートラルカラーであり、明るさや開放感をもたらします。また有効な光線を吸収する為、病気回復に効果があると言われています。
空間に広がりを持たせる効果があるため、台所やオフィスに。リネン類にこの色を選ぶと、清潔で明るいイメージを出すことが出来ます。
   黒
  全ての色を吸収する色であり、重厚感と高級感を高めます。独立性を高めたい時、またマニアックな趣味の世界に没頭したい時に有効に働いてく.れる色です。生活臭を感じさせないので接待の場に使うとGood。
オーディオルームやパソコンを使う部屋のカラーとして効果的。

色の活用法

  ベッドルーム
精神を安定させ、睡眠効果を高める深みのある青系の色をベッドカバーやカーテンに使用するとゆったりと安らげます。これを沈静色(鎮静色)といいます。ただ、明るく鮮やかな青は逆効果になってしまいます。また、寒色を多用しすぎると寒々しくなるで気をつけて下さい。白熱灯などによる柔らかく暖かみのある光を用いる事で、よりリラックスできる空間を作りだす事ができます。青などの寒色系に対して、赤、オレンジ、黄色などの暖色系の鮮やかな色は、気持ちを高ぶらせて緊張させる色なのでベッドルームには向いていないと言えます。(興奮色)
  写真
  レストルーム
黄色をワンポイントで置くと便秘に効果があると言われています。
  化粧室
美のパワーがあると言われるラベンダー色を使い、小物やクロスで取り入れるといいでしょう。
  勉強部屋
目にやさしいグリーンをポイントにし、パステルブルーのカーテンを使用する事をお勧めします。又、黄色やピンクの柄が入ると落ち着き過ぎず勉強にも集中できるでしょう。
  写真